2016年の運勢傾向を解説していきます。

夏までは、昨年後半に引き続き ワクワクする遊びや派手なパフォーマンスが盛り上がリを見せるでしょう。

テーマパークで思いっきりはしゃいだり、音楽イベントやお祭りに参加してノリノリに弾けるなど

太陽を守護性に持つ獅子座のイメージにふさわしい華やかさ、明るさがキーワードとなります。

この期間は堂々とした自己主張や積極的な姿勢が運を開くので、引っ込み思案でいては勿体ないですよ。

自分自身を信頼して、自己表現する事をためらわず 真っ直ぐに突き進んで行きましょう。

華やかで浮き足立っていたムードも次第に落ち着きを取り戻します。

ここから、勤勉さや誠実さ、秩序を重んじる傾向などを表しますから

計画性を持って物事を進めたり、役に立つために何をすべきかといった事柄がテーマとなるでしょう。

今まで裏方でコツコツ頑張って来た人が、突然周囲から評価されるような事もあるかも知れませんね。

また、医療・健康にも光が当たるため 新しい健康法が話題になったり

オーガニック食品、自然派化粧品など 天然のものを使った商品の売れ行きも好調でしょう。

乙女座は知識を司る水星が守護星なので、各種セミナーや知的な習い事にも関心が高まりそうです。

ライセンスの取得など ワンランク上を目指して努力する姿勢が、今期は幸運のカギとなります。

そして、運勢を見る上でもう一つ欠かせないポイントは、土星。

忍耐が必要な事柄や制限などを表すため、土星は「試練の星」と呼ばれたりもしますが

2016年前半は、それほど窮屈さは感じないかも知れません。

宇宙開発が実用化に向け大きく前進したり国や人種などの枠組みを超え、人々の描く理想を形にしようという動きが期待出来そうです。

ただし、土星の持つ「制限」という面が強く現れると、海外への移動が難しい事態となり、渡航が制限される事も予想されます。

特に魚座の海王星と凶角を取る4月頃までと秋以降は その影響が強まるため、対策の徹底を願うばかりです。

また、夏頃、2012年の秋頃からしばらく抱えていたテーマに再度向き合わされる事になります。

その時やり残した事にもう一度取り組み、最後の仕上げをするためのチャンスと言えるでしょう。

時にはごまかしのきかない真剣勝負を突き付けて来たりもしますが

ここでしっかり課題を終わらせておくと、次のステップへの移行もスムーズです。

土星が与える試練は人生に必要な力を鍛える訓練のようなもの。長い目で見れば決してムダにはならないはずです。

秋以降年末まで リラックスしたムードが一気に戻って来るでしょう。

さて、もう一つ忘れてはならないのが、ここ数年に渡って繰り返されている冥王星と天王星の緊張角です。

権力支配や独裁を意味する冥王星と、革命・改革の星と呼ばれ、予期せぬ変化を引き起こす天王星。

時代の節目となる出来事が起こる暗示があります。

誰もが盤石だと信じていた大手組織や体制が突然破たんするなど、驚くようなニュースが報じられる可能性も。

また冥王星にはプルトニウムという意味もあり、原発問題は更に深刻化する恐れも残念ながら否定出来ません。

特に争いの星と呼ばれる火星と天王星が、同じ位置から冥王星を激しく刺激する3月半ばは、

あの3.11以来の原発再稼働や放射能汚染など、一連の問題をめぐって激しく火花が散らされるかも知れません。

個人レベルでは、押さえ付けられていた圧力に対して我慢の限界を迎え、激しく衝突する事などもありそうです。

どんなに破壊的に思えても、長い目で見れば「より良き未来」に向かっているのは確かですから、

ここで腹をくくって徹底的に変容を遂げてしまう方が、結果的には吉となるはず。

これまでの価値観を徹底的に壊し、その上に新しい体制を築いて行くための大詰めを迎えていると言えるでしょう。

私達は 長い間ずっと抱え続けて来たものを浮かび上がらせ、激しく改革を迫られながら、

強くしなやかな自分を、自らの手で取り戻して行く事になるのでしょう。

戦いの中で痛手を負ったとしても、それ以上に価値のあるものが必ず手に入るはずです。

そうやって完成した「個」としての自分を、今度は社会に活かして行くためのサイクルがめぐって来ます。

2016年は人々と幸せを共有しながら 来たるべき未来へ大きく羽ばたいて行きましょう。

2016年の運勢