「総合運」

2017年1月の牡牛座の方の運勢を見て行きましょう。1月はどちらかというと抑揚のない、落ち着いた運勢になっています。新しい一年の始まりということで気合も入れて、勢いもつけて行きたい人も多いかもしれませんが、そういう人にとっては表紙抜かしを食らうような形になってしまうでしょう。しかし、始まりはいつもゆったりしたものです。ここで焦る必要は全くありません。2016年の延長と考えていつも通りの毎日を過ごすことが重要になって来ます。逆に何か起こしてやろうとか、新しいことをやろうとすると、ひずみが生まれるので注意が必要です。ですから、何かを起こすというよりも計画や目標を立てることに集中して見てください。目標も一つや二つである必要はありません。10個も20個も作って、この一年どんなふうに過ごそうかワクワクして見てください。もし習い事を始めたいのであれば資料請求だけをしてみるとか体験レッスンだけを受けてみるとかしてみると良いでしょう。また、もし時間が余るようであれば、しばらく会っていない友人知人に会いに行くというのもとてもいいことです。時間が経っていることで、お互いいい刺激の元再開することができるでしょう。正月休みは食べ過ぎに注意が必要。刺激や、いい意味でのアクシデントが少ない分、職の方に意識が向いてしまってついつい食べ過ぎてしまいます。そうならないようにコントロールすることが重要です。

「金運」

1月の牡牛座の方の金運を見て行きましょう。金運に関しても落ち着いた運勢となっています。あまり大きくお金を使う機会も少ないでしょう。そのためお金が大きく減ることはないのですが、刺激が欲しくなって食事にお金を大きく使ってしまいがちです。あまり興味がない人も、銀座の高級レストランに行ってしまったり、フグや高級焼き肉などに興味が出てしまいそうです。落ち着いた運勢というのは、言い方を変えると、刺激が少ないとも言えるので、衣食住の中で刺激を求めてしまうのです。するとついつい欲しいと思っても見ないようなお金の使い方をしてしまいます。まあ、お正月くらい奮発して少々いいものを食べるというのもいいものですが、連日それが続くというのは、お金の面でもそうですが、健康の面でもあまりいいものではありません。楽しみは一つくらいに抑えておく方が胃袋にも、お財布にも優しいと言えるでしょう。その点のみ注意をすれば、大きく金運が悪くなることはありませんので安心してください。

「仕事運」

1月の牡牛座の方の仕事運を見て行きましょう。仕事運も比較的ゆったりとしたスタートになります。年始からいきなり忙しくなるということもないので、去年までのペースを維持しながらゆったりスタートを切ってください。残業もそんなに多くならないはずですから、アフター5をゆったり楽しめるかもしれませんね。忙しいなと感じた時には、一息コーヒーでも飲んで心の整理をして見てください。冷静に考えればそれほど忙しいわけではないことに気づけるはずです。いい意味で刺激が少ない運勢となっていますから、落ち着いて自分の仕事に集中できるということができるでしょう。

「恋愛運」

1月の牡牛座の方の恋愛運を見て行きましょう。恋愛運もあまり変化がない状態が続いています。年初めからときめきたい人にとっては期待外れな1月になってしまうかもしれませんが、それでもまだ1月です。1年はまだ先が長いので焦らない方が得策。逆にここで頑張り過ぎてしまって、結果が出ないと、心のダメージが増えて来ますから注意が必要です。落ち着いている運勢の時は、それに合わせてゆったり過ごすことが懸命なのです。運勢には逆らうことができません。刺激が欲しいと行って刺激がやってくるものでもないのです。ぜひ、自分を癒しながらチャンスが来るまでゆっくり待っていてください。

おうし座